Pandora Pocket

MS系の備忘録と日記。三日坊主。

火災保険を切り替えたのを機に自転車保険を解約しました

住んでいる賃貸の火災保険が満期になるのを機に個人賠償責任特約付きの別の火災保険に乗り換えることにしました。

もともとはアパート契約時にアパマンショップが仲介した全管協共済会の「入居者総合安心保険プラス」に入っており、こちらは2年間で15000円。

今回選んだのは日新火災の「お部屋を借りるときの保険」。

私は一番ランクの低いプランにしたので、

家財保険金額 100万円
・修理費用お支払限度額 300万円
・借家人賠償責任 2,000万円
・個人賠償責任  1億円
・被害事故法律相談費用等 30万円

で年額4000円コース。

入居者総合安心保険プラスだと家財保険金額が400万、入居者賠償責任が2000万、修理費用が100万なので、家財保険金額は減るものの、それ以外は賠償責任は同じで修理費用は3倍出るようになるので安心ですね。
家財保険はそもそも一人暮らしでそれほど家財があるわけでもないので100万あれば十分。
入居者賠償責任(借家人賠償責任)は火事が起きた後、退去する際の原状回復で必要ですが、一人暮らしなら2000万円あればよほど問題なし。

当然火災保険なので火災による損害の補償があるほか、落雷、風災、雪災、盗難など一般的な損害パターンに対応しています。

念のため不動産会社に切り替えても問題がないか確認したところ、加入後に加入証のコピーを送付さえしてくれれば問題ないとのことだったので、この保険に決定。

この保険、上記の通り個人賠償責任が1億円まで保証されます。
これを機に以前契約していた自転車保険を解約することにしました。

自転車保険は相手にけがをさせた場合の補償のために契約していたので、個人賠償責任で1億円まで保証されるならわざわざ契約する必要もないわけで。
さらに被害事故法律相談費用と示談交渉サービスがあるので何かあっても安心かな・・・?

自転車保険は被保険者本人がけがをした場合の保証がついてますがそちらは別の保険でも賄えるので完全に契約している意味がなくなった感じです。

とりあえず保険を切り替えたことで2年間15000円(年間7500円)の火災保険+年間3410円の自転車保険が、年間4000円の保険一本に統一できました。差し引き7000円程度毎年浮きますね。

保険の見直しって大事だな・・・。

Office 365 Business Premiumを解約する方法

契約したものの使っていなかった(なぜ契約したし)Office 365 Business Premiumを解約しました。

解約方法はこちらを参照してます。

管理センターにログイン

まずは管理センターにログインします。

ログインIDは何も変えてなければadmin@〇〇.onmicrosoft.comのはず。

管理ページに移動

f:id:Ovis:20161002194900p:plain
左上のメニューをクリックして一覧を開き、管理者のタイルをクリック。

課金情報を開く

f:id:Ovis:20161002195007p:plain
左メニューの課金情報からサブスクリプションを選択。

解約を選択

f:id:Ovis:20161002195154p:plain
画面中央やや右のセレクトボックスからサブスクリプションの解約を選択。

解約理由

f:id:Ovis:20161002195319p:plain
適当に解約理由を記載。

解約完了

f:id:Ovis:20161002195601p:plain

これで解約おしまい。
サブスクリプションのキャンセルを行ってもある程度の期間はキャンセルの取り消しも可能らしいです。

f:id:Ovis:20161002195923p:plain

ESXi VMが入ったSSDを別SSDに換装するときにRDMまわりではまった

はまったというほどはまってないですが(どっちだ)

VMが動いているSSDは金欠の時に買ったため120GBとほかのVMを入れるには容量不足だったので新しくSSDを買ってきました。

大須の九十九で11000円ほど。安くなったものです。

ESXiのVMデータの移動は簡単です。
移動先のSSDをデータストアに登録してから「データストアの参照」でデータストアを開いて「このデータストアから、vCenterにアクセスできる別の場所にファイルを移動」アイコンをクリック。
確認ダイアログが出るのではいをクリック、移動先を選択して移動ボタンをクリックするだけで移動できます。 (インベントリから一度削除してもう一度登録しなおす必要はありますが)

f:id:Ovis:20161002162628p:plain

が、今回その作業を行ったところエラーが発生してしまいました。
よく見てみたところRDMのファイルのコピーができていないようです。

仕方がないのでRDMのファイル以外を選択して移動させ、RDMファイルだけ改めて作ることにしました。

作り方は以前と同じ。

以前と同じ名前で作ればわざわざデバイスの追加をしなおさなくても問題なく認識されました。

VMware Host Clientを試してみる

VMware ESXiはこれまでVMware vSphere Clientを使うのが一般的でしたが、5.1のころからもうvSphere Clientでは最新の環境に対応しないからね!とお達しがあり、実際最新の仮想マシンに対応してくれず、かといって移行先のWeb Clientは有償ライセンスがないといけないという残念な状況でした。

f:id:Ovis:20160703163725p:plain

が、今回取り上げるVMware Host Clientがすべてを解決してくれます。(たぶん) 最近まで日本語に対応していないほか機能が弱くvSphere Clientの代替にはなかなかなりえない感じでしたが、最新のバージョンでは日本語対応したほか仮想マシンをウェブ上でいじることができるなど十分代替となりえるところまで来ています。

これまではEmbedded Host Client と呼ばれており、VMwareのサイトからファイルをダウンロードしてESXiにインストールする作業が必要でしたが、ESXi 6.0 Update2から標準搭載となりました。

インフラSE修行日誌: Embedded Host Client ついに、vSphere6 Update2で、「VMware Host Client」として正式リリース!

というわけでESXiサーバーのESXiをUpdate2に更新して実際に使ってみました。

Update2にアップデートしている場合、ESXiマシンのIPアドレスをブラウザに入力して表示されるサイトにVMware Host Clientへのリンクがあります。

または

http://ESXiマシンのIPアドレス/ui/

VMware Host Clientを開けます。

f:id:Ovis:20160703164526p:plain

f:id:Ovis:20160703163807p:plain

f:id:Ovis:20160703164016p:plain

vSphere Clientよりサクサク動いて好印象です。

ハードウェアの設定等も一通りvSphere Clientと同等のことを行えます。
f:id:Ovis:20160703165012p:plain

仮想マシンについてはマシンのステータス、パワーオン、シャットダウン、設定変更が行えるほか、コンソールを開くことができます。

f:id:Ovis:20160703165034p:plain

f:id:Ovis:20160703165119p:plain

仮想マシンの作成画面。
f:id:Ovis:20160703175851p:plain

仮想マシン自体は問題なく作れたものの、どうやってISOイメージからインストールするやら。
vSphere Clientでは直接ISOイメージをマウントできましたけど、Host Clientの場合は一度データストアにアップロードしてからやればいいのかな・・・?