読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pandora Pocket

MS系の備忘録と日記。三日坊主。

VPSでUbuntuサーバー 未完成備忘録 其の五 -その他細々とした設定等々-

f:id:Ovis:20061014153348j:plain

 

これまでの設定でHTMLファイルの表示からCGIの実行、セキュリティ設定も一通りできたはず、多分。

ついでなので書き忘れていたことも含めちょっとだけ追加。

 

 

 

 

今回のサーバー構築では、一つのユーザーごとに/home/ユーザー名というディレクトリにpulic_htmlディレクトリを作成してその中にブラウザで表示するファイルを入れることにしている。

ただ、いちいちユーザーを作るたびにpublic_htmlディレクトリを作るのは面倒なのであらかじめユーザー作成時に作成されるようにする。

 

mkdir /etc/skel/public_html/

mkdir /etc/skel/log/

mkdir /etc/skel/.ssh/

chmod 700 /etc/skel/.ssh/

 

 

続いて時間あわせ。

よっぽどそんな簡単に時間が狂うことはないだろうけど、ファイルスタンプが実際と違うのは困るので設定をしておく。

なお、NTPデーモンを起動させておくとメモリーがもったいない気がするのでntpdateでやってしまう。

ただし、一部の環境では問題が起きることもあるらしいので注意。

 

root環境下で

crontab -e

39 5,18 * * * /usr/sbin/ntpdate 210.171.226.40

分 時 日 週 月 コマンドの順になっている。

 

ロケールの変更をしておく。

何で変更するのかはちょっと忘れてしまったけど(コラ

 

vi /etc/locale.alias

 

ja_JP           ja_JP.eucJP

ja_JP ja_JP.UTF-8

 

 

 

 

File does not exist: /home/*****/public_html/favicon.ico

なんていうエラーがログに書かれる場合は

 

SetEnvIf Request_URI "^/favicon.ico$" no_log

 

 

とすることで回避できる。もちろんpublic_htmlディレクトリにfavicon.icoをおいておくのもあり。

 

 

 

サーバーの負荷対策にキャッシュを利用。

まずは画像のキャッシュから。

 

ExpiresActive On

ExpiresByType image/gif "access plus 15 minutes"

ExpiresByType image/jpeg "access plus 15 minutes"

ExpiresByType image/png "access plus 15 minutes"

ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 15 minutes"

ExpiresByType text/html "access plus 5 minutes"

ExpiresByType text/css "access plus 15 minutes"

 

 

これはmod_expiresを利用しているのであらかじめモジュールをロードしておくこと。

 

 

 

さらにPHPのキャッシュも利用しておく。

 

aptitude install php-apc

 

 

以下のファイルを変更することで使用メモリー量も削減できる。むろん削減するだけ効果は薄れるのでケースバイケースで。

/etc/php5/conf.d/apc.ini

 

 

 

 

パラメータ内容デフォルト値

 

 

apc.shm_size

共有メモリ容量(MB)

30

 

 

apc.numfiles_hint

キャッシュ対象のファイル総数

1000

 

 

apc.filters

キャッシュ対象外のルール(正規表現)