Pandora Pocket

MS系の備忘録と日記。三日坊主。

VMware Host Clientを試してみる

VMware ESXiはこれまでVMware vSphere Clientを使うのが一般的でしたが、5.1のころからもうvSphere Clientでは最新の環境に対応しないからね!とお達しがあり、実際最新の仮想マシンに対応してくれず、かといって移行先のWeb Clientは有償ライセンスがないといけないという残念な状況でした。

f:id:Ovis:20160703163725p:plain

が、今回取り上げるVMware Host Clientがすべてを解決してくれます。(たぶん) 最近まで日本語に対応していないほか機能が弱くvSphere Clientの代替にはなかなかなりえない感じでしたが、最新のバージョンでは日本語対応したほか仮想マシンをウェブ上でいじることができるなど十分代替となりえるところまで来ています。

これまではEmbedded Host Client と呼ばれており、VMwareのサイトからファイルをダウンロードしてESXiにインストールする作業が必要でしたが、ESXi 6.0 Update2から標準搭載となりました。

インフラSE修行日誌: Embedded Host Client ついに、vSphere6 Update2で、「VMware Host Client」として正式リリース!

というわけでESXiサーバーのESXiをUpdate2に更新して実際に使ってみました。

Update2にアップデートしている場合、ESXiマシンのIPアドレスをブラウザに入力して表示されるサイトにVMware Host Clientへのリンクがあります。

または

http://ESXiマシンのIPアドレス/ui/

VMware Host Clientを開けます。

f:id:Ovis:20160703164526p:plain

f:id:Ovis:20160703163807p:plain

f:id:Ovis:20160703164016p:plain

vSphere Clientよりサクサク動いて好印象です。

ハードウェアの設定等も一通りvSphere Clientと同等のことを行えます。
f:id:Ovis:20160703165012p:plain

仮想マシンについてはマシンのステータス、パワーオン、シャットダウン、設定変更が行えるほか、コンソールを開くことができます。

f:id:Ovis:20160703165034p:plain

f:id:Ovis:20160703165119p:plain

仮想マシンの作成画面。
f:id:Ovis:20160703175851p:plain

仮想マシン自体は問題なく作れたものの、どうやってISOイメージからインストールするやら。
vSphere Clientでは直接ISOイメージをマウントできましたけど、Host Clientの場合は一度データストアにアップロードしてからやればいいのかな・・・?