Pandora Pocket

IT系と日常系の備忘録。三日坊主。

DIGNOケータイに乗り換えましたん

普段音声通信はガラケー、データ通信はMADOSMAの2台持ちなんですが、今使ってるガラケー(740SC)がだいぶんとへたってきました。

もともとプリペイド契約で手に入れたやつなので、同じように新しいプリペイド契約結んでもよかったんですが、ソフトバンクガラケー無料交換プログラムなるものを結構前からやってることを知ってそちらで最新の携帯に乗り換えることにしました。

ソフトバンクガラケー無料交換プログラムは5年以上同じガラケーを使っているユーザー向けに、最新のガラケーに無償で交換してくれるとのこと。
一番最初に買った830Pの後プリペイド契約でゲットした740SCを使っていたので契約上はいまだ830Pを使っていることになっていたことから私も対象になりました。

制約として2年契約がまたついてしまいますがまぁもうそこはあきらめですね。

新しい携帯にするにあたってAQUOSケータイかDIGNOケータイにするかちょっと悩んだんですが、母がAQUOSケータイにしているので実際に触ってみた結果十字キーが押しにくいなどちょっと微妙だったのでDIGNOケータイに決定。
あと、DIGNOケータイはAQUOSケータイと違ってVoLTEに対応してるのもプラスポイント。

私ちょっと回りがうるさいだけでうまく音が聞き取れないことがあってもう一度言ってほしいと頼むことが多いので、少しでも音質が良くなって聞き取りやすくなるなら大歓迎。

ソフトバンクショップではなくツクモ系列のショップで機種変更しましたが、新規契約とかとは違って機種変更ならそんなに時間かからないんですね。
プランの説明とかそういうやつのほうが長かった・・・。

これまでは「パケットし放題S」でしたが、このDIGNOケータイは4Gなので「パケットし放題S for 4Gケータイ」に変更されます。SIMカードも3G用のSIMから切り替わるので元の端末に差し替えることはできません。
私は電話とSMS、MMSしかしないので通常ならそれほどパケット消費しないんですが、この機種はAndroidを搭載したいわゆる「ガラホ」(auの商標みたいですが)なのでこれまでのガラケーよりもパケット消費する可能性が無きにしも非ず。
とりあえず私は機種変更直後に設定から無駄な通信をしないよう変更しましたが、どうなるやら。
母のAQUOSケータイも同じ設定をして今のところ問題ないようなのでおそらくDIGNOケータイも問題ないとは思いますが。

ただ、このケータイはWiFi対応しておらず、ファームウェアアップデートはキャリア通信経由になるのでそこでどうしてもパケット消費をすることにはなりそう。
そのあたりの通信は無料にしてくれるのかと思ったらならないみたい・・・。
こちらの記事では無料ということになってる。何が正しいのか・・・。

キータッチはAQUOSケータイと比べて押しやすい感じなのですが、「通知」「アプリ」「履歴」というこれまでになかったキーがあるせいでたまに押し間違えてしまうのがちょっと気になる。すぐ慣れるとは思いますが。

バッテリーの減り具合はこれまでのガラケーとあまり変わらない印象です。
満充電で大体一週間程度は持つ感じ。

ほかにも気になったら追記していきます。

Windows 10 Mobileで緊急地震速報をキャッチした話

4月1日午前11時39分ごろ三重県南東沖でマグニチュード6.1の地震がありました。

マグニチュードはともかく震度的にはそれほどでもなかったのですが弊社内でも緊急地震速報のアラートが至る所から鳴り響いて心臓に悪い。

そんな中で私のMADOSMAもバイブレーションと下記のような表示が。

発売当初の平井部長のインタビューでは

平井氏
 キャリアモデルではないため、緊急地震速報など、キャリアのサービスを利用するものには対応していません。

という話だったのですが、おそらくWindows 10 MobileになってからETWSに対応したみたいですね。
あと、私のMADOSMAにはIIJmioのSIMが刺さっていたにもかかわらずETWSを受信できたということはMVNOだろうが問題ないってことなんでしょうかね。

ちなみにWindows Phone 8.1 GDR2の頃からETWSの実装そのものはされているそうです。

MADOSMA以外の国内販売端末ではETWSに対応しているかどうかはわかりませんが、NuAns NEOは次のアップデートで対応することが明言されています。

独習ASP.NET 第5版でASP.NETの勉強中

以前「ASP.NET MVC5実践プログラミング」の書籍レビューをさせていただいたんですが、今回「独習ASP.NET 第5版」のレビュアーを募集されていたのでまたしても献本いただきレビュアーをやらせていただきました。

前回レビューをしていたころはJSP案件に携わっていたのですが、今はASP.NETMVCではない)案件に投入されておりますので渡りに船!

ASP.NET MVC5実践プログラミングはその名のとおりASP.NET MVCについてまとめられた書籍であるのに対しこちらは今も多く使われているASP.NET Webフォームについてまとめられた本になります。
MVCについては特に触れられていないので購入時は注意。
また、あくまで「第5版」なだけですのでASP.NET 5についての本でないことにも注意。

独習シリーズなだけあり第一章第二章の基本のキとなるASP.NETとはなにかという部分から始まり、各コントロールの説明と使い方をがっつり丁寧にまとめてあります。
第11章のAjaxについても今どきのウェブサイトはAjaxを利用したリッチなサイトが基本となっているのでここはしっかりと抑えておいたほうがよさそう。
今の案件でちょうどこの辺りをいじることになっているのでいい勉強になっております。(恥)

この本はサンプルコードがVB.NETですがサイトにあるサンプルファイルはC#版もあるので問題なし。
(今やってる案件はVB.NETなのでむしろVB.NETで助かった・・・。私が見たことのあるASP.NET案件はVB.NETばかりなのですがそんなもんなんですかね)

個人的にイベント回りとビューステート回りで勘違いしてる部分があったのでこの本を読んでよかった・・・と胸をなでおろしています。

さすが第5版まででているだけあって丁寧かつ分かりやすい内容となっており、ASP.NETを少し触ったことがある人ならこの本を読みつつ実際にコーディングしたらいろいろと必要な知識が抑えられるのではないでしょうか。
さすがに全くの初心者だと難しいかもしれませんが。。

独習ASP.NET 第5版

独習ASP.NET 第5版

画面の外に飛び出したウィンドウを移動する方法

最近パスワード管理ソフトをRoboFormから1Passwordに変えました。
この1Password、なぜか私の環境だと新しくログイン情報を登録するときに登録ウィンドウが画面外に表示されてしまって操作ができなくなってしまう問題に悩まされています。

普通のウィンドウならタスクバーのアイコンを右クリック(Windows 7から(?)はShiftキーを押しながら)して移動を選択してやれば移動できるんですが、この1Passwordのウィンドウはタスクバーにアイコンがでてこないのでその方法が使えません。

というわけで検索したところ

を発見。

画面の中に持っていきたいウィンドウをアクティブにして(Alt+TabとかWindows 10なら仮想デスクトップの切り替え画面からでも選択できますね)からAlt+スペースを押し、Mキーを押下するとマウスカーソルが十字のアイコンになります。
その状態で一度矢印キーをなんでもいいので押して、マウスカーソルを動かすと画面外に消えてしまっていたウィンドウがマウスカーソルのある場所にぴょこっと飛んできます。

Alt+スペースキーはウィンドウの左上にあるアイコンを右クリックしたときに出てくるメニューを表示させるショートカット。こんなショートカットもあったんですね。知らなかった。