Pandora Pocket

IT系と日常系の備忘録。三日坊主。

ATNDが終了するらしい

イベント開催支援ツールのATNDが終了するらしい。

ATNDはイベントに参加する人を管理するサービスの先駆け的存在(確か)で、私も何度も利用してました。

サービス終了後はこれまで参加した勉強会の一覧も見えなくなりそうなので、思い出を書きながらちょっと整理。

Silverlightを囲む会 in 名古屋 #5

初めて参加した勉強会はATNDで申し込みました。
これです。

f:id:Ovis:20200114160012p:plain

Silverlightってところが時代を感じる。完全にWindows Phone関係かつ名古屋で開催される勉強会ということで参加した記憶。

思えばこの勉強会に参加したことで、みつばたん(id:c-mitsuba)やつもりん(id:tmyt)、てつじんさん、おおばさん(id:tworks)と知り合いになったような記憶が。

Windows Phone勉強会@四日市

f:id:Ovis:20200114161606p:plain

初めて参加した勉強会の次に参加したのが三重県四日市で開かれた「Windows Phone勉強会@四日市」。
その後勉強会の名前が「まどべんよっかいち」となり、何度か参加しました。
この勉強会の主催ののぶくまさんとはその後、Microsoftが開催したコンテストに一緒に参加して、賞をもらった思い出。ところであの時もらってのぶくまさんが所有することになったXbox、今どうなってるのでしょう(

Windows Phone Arch@Nagoya 2/18

f:id:Ovis:20200114161806p:plain

初めてにして唯一の主催。
そして主催といいつつたくさんの皆様に助けていただき、しかも自分ではセッションを持たないというなんちゃって主催感・・・。その節は皆さま本当にありがとうございました。

この時に初めてオデさんやいっちゅうさん他、今もTwitterで仲良くさせていただいている方とお近づきになった記憶。
この時MSからノベルティを頂戴し、配布したのですが、余ったものがいまだに家に残っています。
くーまん可愛いよくーまん

【第1回】Windowsデベロッパーカンファレンス in 東京

f:id:Ovis:20200114162645p:plain

第一回といいつつ一回しか開催されなかったような気がする、そのころ学生だったがりっち(id:garicchi)主催の勉強会。
Microsoftが主宰してるようなタイトルだけど個人の勉強会。
初めての東京での勉強会だったんですが、地方勉強会とは雲泥の差の集客ぶりに驚いた記憶があります。
名古屋だと補欠者がでるほどの勉強会ってあまり見かけず。

振り返って

ATNDで参加した勉強会は主催分含めて24件でした。
最近ではconnpassばかり利用していますが、初めて使ったサービスだっただけに終了はさみしくも感じます。

以下ATND経由で参加した勉強会一覧 f:id:Ovis:20200114163504p:plain f:id:Ovis:20200114163528p:plain

2019年買ってよかったものまとめ

書こう書こうと思ってもう大晦日でした。

エメゾ スタンディングデスク

文句なしです。ちょっと気が向いたときにさくっと位置変更できるの最高。
天板もDIYした自分好みの代物なので大変QoL高い。
それなりの金額はしましたが満足しています。

IODD イメージマウント可能外付けストレージ

外付ストレージのガワです。ストレージそのものは付属していません。
この製品の真骨頂は、ストレージに保存したイメージファイルをマウントできること。
リカバリメディアをぶち込んでおけば、わざわざDVD等に焼かなくてもマウントできるので大変便利。
最近はUSBメモリーブートとかもあるんですが、イメージをそのまま使えるのって楽ですよほんと。

Surface Go

普段はSurface Bookを使っているんですが、少々大きいので気軽には持ち出せず。
ちょっと調べごとをしたりとか文書を書くくらいだったらこのサイズがやっぱり一番ですね。
スペックは非力ですが、重たい処理をするわけでもないので。

振り返って

いろいろ買った割にパッと思いつくものがなく・・・。
思い出したら追記します。

JPドメインを複数年契約してるときはドメイン移管をしてはいけない

泣きを見ます。

私は知らなかったのですが、大前提としてJPドメインは複数年契約ができません。毎年契約を更新する形になっています。
そこでお名前.com(を含む複数のレジストラ)のように複数年更新できるようになっているところは、複数年分先にお金を受け取っておいて、一年分は更新し、残金は次の更新時期に利用するという形になっています。

というわけで、お名前.comの管理コンソール上期限が数年後になっていたとしても、Whoisでは実際には最大で一年後までの期限となっています。

続きを読む