Pandora Pocket

MS系の備忘録と日記。三日坊主。

日本からWindows Phone開発者がいなくなる日

なんだかなぁ。なんなんだろうなぁ。このやるせない気持ち。

今日のお昼、日本のWindows Phoneアプリ開発者の心を折るイベントがありました。

MSの開発者向けイベントでMS本社のCEO、サティア・ナデラ氏が登場し、講演しました。
私は参加できなかったのでTwitterのタイムラインを見てたのですが、途中Windows Phoneの日本発売について言及する一幕があったようです。
何か進展があるものと固唾を呑んで見守ったものの、結局「どうすれば日本で差別化されたビジネスができるのか、色々なフィードバックから学んでいきたい」と、いつもと変わらない発言。
さすがにMSのトップの発言がこれだっただけに開発者の心をぽっきり折ってしまうことになりました。

WPアプリの公開を取り下げました。 | ぅゎょぅι゛ょっょぃ

さんざん言ってきましたけど、日本で出た最初のWindows Phone端末、IS12Tはもう3年も前の製品です。あれから一機種もでてません。(FZ-E1?あれはハンドヘルドです)
企業責任とか偉そうなことを言うつもりはないんですけど、一機種だけだしてその後なんの音沙汰もないってさすがにどうなんですかね。

日本はiPhoneが強すぎるから出しても売れない?そんなのわかりきったことじゃないですか。そもそもないものは売れないんだから。
ユニバーサルアプリなら少ない労力でストアアプリとPhoneアプリが作れる? 日本で発売されてないのにPhoneアプリ作ってどうするんですか。 アプリが少ないから端末が出せない?古参の開発者が愛想をつかすようなプラットフォームに新しい開発者が参入すると思いますか。触ってもいないプラットフォームに参入しようと思う開発者がいると思いますか。

別にWindows Phoneをdisりたいんじゃないんです。むしろ好きだからいろんな人に触ってもらいたいんです。
実際私が使っていると、周りの人がそれはなに?と聞いてくるので即席タッチ&トライやってます。割と好評です。

いま日本でWindows Phoneアプリを作っている人はある意味Windows Phoneのエバンジェリストです。
実際に触ってみていいと思ったからアプリを作って公開し、そうしてユーザーがWindows Phoneを体感できるすそ野を広げています。

その開発者の心を折ってどうするんですか。進んでWindows Phoneを広めようとする人たちの心を折ってどうするんですか。

そりゃ確かに今回は開発者向けイベントでしたし、新しい製品の発表をするなんてないとは思ってました。
ただ、モバイルファーストを常日頃標榜し、今回のイベントでもそれを前面に出してきていたにもかかわらず壊れたレコードか何かみたいに何年も同じようなことを言っていたらそりゃ離脱する人だって現れます。 「エンジニアの未来」と題しているのにその未来をMS自らが閉ざしてるわけですから。

MSの中でも頑張ってる人がいることはすごくわかってるんです。エバンジェリストの高橋さんは本当に尽力されていて、敬意の気持ちでいっぱいです。
でも、会社全体がちゃんと舵を取らないと決まらないことだってあるんです。

「今は投資など、新しいことを起こすための環境が揃っている大きなチャンスがあるタイミングではないか」というのだったら、せめて端末を日本で投入するという投資をまずMS自らがやってください。 これまでみたいな電波法違反の端末を提供するのではなく、大手を振って外で使える端末を。

追記